CONCEPTER


AMIAYA

妹のAMI、姉のAYAの2人からなるツインズユニット。
幼少期から、アーティストになることを夢見て15歳で2人で上京し、美容室のカットモデルや雑誌のストリートスナップモデルとなる。

17歳からは多数の原宿系雑誌でレギュラーの読者モデルを務め、その独創的な着こなしとオリジナルなヘア&メイクを真似するファンが急増。
その後ファッション誌の赤文字系、青文字系の壁を越えた自由な活動を行い、瞬く間に東京を代表する人気読者モデルとなった。

AMIAYA×Instagram

2018/07/19

インスタグラムに投稿するときのこだわりを教えてください。

AMI:こだわりは、色味です。コントラストを強く、パキッとした写真に加工して投稿するようにしています。他にも自分たち2人が映っている投稿が続きすぎないように、時々ネイルやコスメの物撮りを挟むように意識しています。投稿するものは、ネイルやファッションなど自分のスタイルが分かる写真がメインです。
AYA:私も色味はAMIちゃんと同じようにこだわって、2人の写真を多めに載せるようにしています。ただ、共通のフォロワーが多いのでAMIちゃんが載せた写真と被らないよう同じコーディネートでも違うカットを投稿してバリエーションを見せるようにしています。あと、お気に入りの投稿は、一覧にした時に3枚が並ぶように設定して、見た時にインパクトを与えられるようにしています。

AMI:もともと自撮りはあまりあげないですが、投稿する時は分割やデザインを加えてオシャレに見えるようなレイアウトにします。
AYA:私も自撮りは苦手なので、いつも分割しています(笑)。
AMI:ハッシュタグは少なめで、2人のファッションの場合は#amiayastyle、自分だけの時は#amisfashion、ネイルだと#amisnailとか。
AYA:できるだけキャッチーなものを厳選して付けています。#favoriteとか#ayaskitchenとか、みんなが分かる英字が多いです。

使っているアプリを教えてください。

AMI:よく使うのはVSCOですが、最近はQuickshotという加工アプリも使っています。色々なフィルターもあれば、コントラストの調整も他のアプリより細かくできるので気に入っています。時間があってこだわりたい時はQuickshotを使います。でも、手軽に素早くできるのはVSCOですね。あと、写す物によってですが、kirakira+という、キラキラ光ったように加工してくれるアプリも使います。
AYA:私もVSCOを使っています。フィルムっぽい加工とか色の調整が本当に簡単にできるんです。それから、セルフィするなら、Foodieがオススメ。自撮りのアプリは、どうしても顔が違って映る物が多いですが、Foodieは変な加工感がなく、美肌アプリのように白飛びしないので、やり過ぎ感も出なくてオススメです。

注目しているアカウントは?

AYA:@90scigarettesという90Sっぽいムードの写真や90Sを代表するジョニー・デップ、ブラッド・ピット、ケイト・モスの若い頃の写真やケイト・モスとブラピが付き合っていた頃の貴重な写真が投稿されていて……。この頃の写真がすごく好きでつい見ちゃいます。
AMI:色んな方をチェックしていますが、海外のアーティストやブランド、マガジンが多いです。@mirandamakaroffは、写真がすごく可愛くて大好きです。@baddiewinkleは、いつもお茶目で素敵。海外のマガジン@superheromagや@rookiemagは、写真とファッションが可愛いのでこまめにチェックしています。あとは、小説家の@saihatetahiや@yamazaki_nao_colaや、癒やし系で@igpupsもフォローしています。

インスタ以外に見ているSNSを教えてください。

AMI:Pinterestとwe♥itで情報を集めることが多いです。自分がイイネしたものがキャンバスになっていくので、後から見返すとインスピレーションソースになるんです。カタログのイメージを探すときに使ったり、デザイン、アクセ、メイクのインスピレーションにしています。
AYA:SNOWとかtumblrも見ますが、一番検索しやすくて、見やすいのがPinterestなので、一番よく見ています。

BACK TO ALL MAGAZINE
WEB STORE